HTML

スポンサー広告

required

2016/12/21

HTML5で追加された属性にrequiredというのがあります。入力項目がが必須のばあいrequiredをしてしておけばブラウザが空白チェックをしてくれます。

元来JavaScriptをつかってチェックしていたものがブラウザで行ってくれるので大変便利です。もちろんサーバー側でもチェックは必須ですが便利です。ただ、空白時のメッセージの表示方法はブラウザ任せですのでこのあたりのデザインに神経質な人は従来通りJavaScriptを使ってのチェックがいいかもしれません。

使い方はいたって簡単で

 <input type="text" name="id_name" required>

などのようにしておくだけです。Can I useによれば今ならどのブラウザも大丈夫そうです。windwos7あたりのIEはちょっと危ない気もしますが。Vistaはまだもう少しサポート期間があるようなのでVistaさんもまずいかもしれません。

input要素やselect要素、textarea要素にも利用できます。W3Cの規定ではです。この辺りはブラウザ依存ですね。何度かこのサイトで取り上げているCKEditorのckeditorクラスとはバッティングするようでtextareaにrequiredが聞きませんでした。

input要素もチェックボックスやラジオボタンには設定できないようです。W3Cに記載あり。

入力漏れの時はボックスに吹き出しのような感じでメッセージを表示してくれるのは便利ですが、すべての項目について一気に表示してくれるわけではないので必須項目が多い場合は従来どおりのJavaScriptのちぇっくがひつようかもしれませんね。

rssfeed
コメント

コメントよろしくお願いします。

お名前
コメント