PHP

スポンサー広告

PHPフレームワーク Laravelを使ってみる

2017/07/30

基本的に、私は趣味とちょっとした実益でPHPを少しだけ書いたりするのでフレームワークを覚えるコストがもったいないので興味すらないのです。Laravelというフレームワークをちょっと知っておく必要ができましたので覚書です。

Laravelとは何ぞや?

得意のhttps://ja.wikipedia.org/wiki/Laravelには、

Laravel は、MVCのWebアプリケーション開発用の無料・オープンソースのPHPで書かれたWebアプリケーションフレームワークである。

とあります。呪文ですね。MVC(Model View Controller)ですね。MVCですよ。モデルはDBですね。ハイ説明終わり。ビューはPHPですからほぼHTMLですね。これも説明終わり。コントローラはユーザーからの指示に基づきDBから何のデータを取ってくるのか、どのようにデータを加工するのかを決定し、ビューに渡すんですね。MVC終わり。

でもどうやってもビューは純粋なHTMLにならないのですね。ループ処理したり条件分岐したりするんですよ。HTMLの中にPHPが入るんですね。更にそれがフレームワーク言語で書かれるんですね。フレームワークを知らないと理解できなかったりします。なら、純粋にPHP書こうよ。と思うのですね。どうせHTMLの中で処理するんでしょなら、SQLも書いちゃえば。

という発想でフレームワークを忌避してたんですね。

このサイトは私の秘伝のたれで似非CMSになっています。bootstrapに秘伝の疑似MVCが入っています。コントローラもどきがGET値ごとにどのテーブルのどのようなデータを取得するか判断し、モデルっぽいSQLを関数化した秘伝のPHPファイルをインクルードしてget値を渡してDBから必要なデータを引っ張ります。そして外部ファイル化したビュー的なファイルを読み込んでDBから得た値を埋め込んでいます。ビュー的なファイル内にはループ処理や条件分岐がさく裂しておりPHPとHTMLの分離は残念ながらできておりません。PHPが全く分からない人はHTMLファイルの変更は無理な構造です。

カテゴリーごとにページデザインを変更したり、カテゴリトップページは別構造にしたりできますが個人的には、よくあるブログの入力フォームの形のCKEditorを生かしたかったので似非CMSの形にしてます。更に本当は、サンプルページをコピペしてタイトルと、内容を変更して1ページごとにアップする方が好みであったりします。

では、文句ばっかり言ってないでLaravelをインストールしましょう。

Composerって何?

Laravel 5.4 インストールによればLaravel Homestead仮想マシンかComposerを使用してLaravelをインストールするとのことです。仮想マシンはVirtualBox 5.1とVMWare、もしくはParallels、それとVagrantが必要とのことでこの時点で心折れます 👎 。更にHyper-Vを無効にする必要があったりするようです。

もう一方のComposerってので挑みたいのですが、Composerが分かりません 😓 。ComposerとはPHPのパッケージ管理ツールである。説明終わり。探求終わり。

Composerのページに

Composer is not a package manager in the same sense as Yum or Apt are.

とあるのでパッケージ管理ツールではないのでしょう。ここで思考を停止させて次へ進みます。ここで悩んで追及していてはLaravelの事を知るまでに完全に飽きてしまい投げ出すことは必定です。Windows用のComposerのインストーラ Composer-Setup.exe. があるので素直にダウンロードしてインストールしちゃいます。

インストーラーなのでNextでどんどん行っちゃいます。

composer

私の環境はXAMPPでPHPですからXAMPPを起動しておきます。PHPのありかを探してくれます。

composer php

プロキシがどうのと聞いてきますがノーチェックで次に

composer プロキシ設定「

確認ですね。

コンポーザーのインストール確認

ネクストしかないです。

インフォメーション

フィニッシュです。

コンポーザーのインストール完了

これでコンポーザーが使えるはずです。

Laravelのインストール

やっとLaravelのインストールになります。

コマンドプロンプトからLaravelをインストールしたいフォルダに移動します。Laravel 5.4 インストールのページにはLaravelインストーラーによる方法とComposer Create-Projectによる方法が書かれています。ググるとよく見かけるComposer Create-Projectの方法で

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel blog

とサンプル通り入力します。最後のblogというフォルダが作成されその中に一式Laravelがインストールされるそうです。

ディレクトリを移動

しばらく待てばインストールが完了するはずです。

インストール完了後、必ずインストールフォルダに移動して

php artisan serve

をします。

するとhttp://127.0.0.1:8000/のアドレスでLaravelの起動が確認できます。

Laravelトップページ

ということで無事Laravelインストールまでこぎつけました。

php artisan serveを実行しなくてもhttp://127.0.0.1/blog/public/でアクセスすることも可能です。

rssfeed
コメント

コメントよろしくお願いします。

お名前
コメント